かなざわ郷土民謡のど自慢大会

 金沢市民謡協会は、民謡普及・伝承活動に余念がありませんが、地元石川県民謡、特に金沢の民謡を大切にしようと、毎年、石川や、金沢の民謡を限定して「かなざわ郷土民謡のど自慢大会」開催しています。今回は、次のとおり実施しました。

 ● タイトル 第26回かなざわ郷土民謡のど自慢大会

 ● 期 日  平成28年 9月22日(祝)   10:00 開始 

 ● 会 場   石川県女性センター(三社町)

 ● 主 催   金沢市民謡協会

 ● 後 援    金沢市教育委員会・北國新聞社・北陸放送・テレビ金沢

 ● 出場者資格  特になし

 ● 出場料     1,500円  ただし、中学生以下の少年部は無料。

 ● 出場曲    予選は、石川県の民謡とし、予選上位20名により金沢の民謡で決勝.(1分30秒以内)

 ● 特 典     優勝すると金沢市長杯、20位までに入賞すると賜杯や楯のほか副賞が盛り 沢山。



道下功磐さんが優勝 少年の部は佐藤まどかちゃんが優勝
 表記大会は、9月23日(土・祝)石川県女性センターで九や96名の出場者により開催しました。10:00から中学生以下の少年部(出場曲自由)から開始しました。続いて一般の部(高年2部・高年1部・熟年の部・中年の部・壮年の部・成年の部順)が登場し、石川県民謡を唄いました。その結果、一般の部では、各部門から出場人員割の20名が決勝に進出、この20名が金沢の民謡で競い、表記のさんが道下功磐さんが優勝し、金沢市長杯と優勝旗を手にしました。また、少年の部には佐藤まどかさんの優勝でした。
成績結果は次表のとおり。

 

一般の部

賞 典 入賞者氏名 所属支部 受賞曲 受賞内容
優 勝 道下功磐 加賀民謡会 正部馬子唄 金沢市長杯・優勝旗
準優勝 大島外範 暁声民謡会 二俣いやさか踊り 協会長賞・トロフィー
第3位  
西房 唯
 
杉山民謡会 森本ハンヤサンカサ 協会長賞・トロフィ-
第4位 本  政雄 北都民謡会 正部馬子唄 協会長賞
第5位 南 紘音 兼六民謡会 加賀長持ち歌 協会長賞
第6位 滝田 静子   前田民謡会 二俣いやさか踊り 協会長賞
第7位 藤田 礼子 暁声民謡会 森本ハイヤサンカサ 協会長賞
第8位 山下 茂き 前田民謡会 正部馬子唄 協会長賞
第9位 浅谷貴美子  北都民謡会 森本ハイヤサンカサ 協会長賞
第10位 橋本 幸子 北都民謡会 森本ハイヤサンカサ 協会長賞
努力賞   的場 一雄 北都民謡会  正部馬子唄   協会長賞
努力賞  塚村 敏枝 前田民謡会   二俣いやさか踊り  協会長賞
努力賞  岡田 謙一  一般  尾山の酒屋もとすり唄  協会長賞
努力賞  細川 紘華 兼六民謡会  森本ハイヤサンカサ   協会長賞
努力賞  常少 義孝 杉山民謡会  二俣いやさか踊り  協会賞長
努力賞  前田 康子 北都民謡会  田んぼ染め  協会長賞
努力賞  上田松美智 加賀民謡会  二俣いやさか踊り  協会長賞
 努力賞 宮野 淳子  金城民謡会  森本ハイヤサンカサ  協会長賞
努力賞  宮岸紘久美 兼六民謡会  二俣いやさか踊り  協会長賞
努力賞  中島 幸一 加賀民謡会 二俣いやさか踊り   協会長賞
やちや賞高年二部優勝 本  政雄 北都民謡会 砂取節 やちや酒造賞状
 高年一部
やちや賞
 細川 紘華 兼六民謡会  二俣いやさか踊り  やちや酒造賞状
やちや賞
塾年の部優勝
 南 紘音  兼六民謡会 鶴来節 やちや酒造賞状
やちや賞
中年の部優勝
瀧田 静子 前田民謡会 能登茅刈唄 やちや酒造賞状
やちや賞
壮年の部
宮岸紘久美 兼六民謡会 森本ハイヤサンカサ やちや酒造賞状
やちや賞
成年の部
西房 唯 杉山民謡会 加賀ハイヤ節 やちや酒造賞状

少年の部

賞 典 入賞者氏名 所属支部 受賞曲   受賞内容
優 勝 佐藤まどか 兼六民謡会 能登麦屋節   金沢市教育委員会賞・協会杯
準優勝 高野 日菜 北川会 森本ハイヤサンカサ   協会杯
三位 北川 芙蓉 北川会 森本ハイヤサンカサ   協会盾
奨励賞  
箕崎 仁  
杉山民謡会 能登麦屋節   協会盾
奨励賞 中島 風羽 兼六民謡会 こきりこ節   協会盾
奨励賞

山本日菜子

杉山民謡会 能登麦屋節   協会盾


TOPへ戻る  次頁へ