金沢百万石まつり「百万石行列」出発式で「百万石音頭」の大演舞

 城下町金沢の勇壮かつ華麗な祭り「金沢百万石まつり」は、金沢市のメーンストリートで毎年6月の第1週末の金・土・日の3日間多彩に繰り広げられます。このまつりは、藩祖前田利家公が天正11年(1583年)金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業を偲んで開催されるもので、加賀百万石の伝統と文化を彩る豪華絢爛な一大イベントです。
一昨年・昨年とコロナ禍で2年続き取り止めとなりました。本年令和4年の第71回金沢百万石まつりの実行員会では、コロナ感染収束を期待し、若干縮小しても実現に推進して行くことになりました

 本年の百万石まつりは、6月3日(金)から3日間、多彩な内容で盛大に開催、特にメーンの前田利家 公を初めとする武者行列などの「百万石行列」は、6月4日(土)14:00から3時間にわたって、金沢駅もてなしドーム・鼓前の出発式から武蔵・香林坊をえて金沢城に入城。
 金沢駅もてなしドーム鼓門前道路を会場とする出発式は、14:00石川県太鼓連盟の大合奏の共演と金沢市民謡協会の106名による出発式バージョン「百万石音頭」の金銀センスを掲げての華麗な大演舞でした。歌手は山口幸晴と吉田晴菜でした。


金沢駅兼六園口もてなしドーム鼓門前路上 

  

 

 トップに戻る    前のページへ