百万石踊り流し

金沢では、毎年6月第一週末に「金沢百万石まつり」が開催されます。土曜日の午後は前田利家公を初めとする豪華絢爛な武者行列に続き、「夕方は、「百万石踊り流し」で賑やかな街となります。毎年の「百万石踊り流し」は、片町・広坂・香林坊・南町・尾山町メーンストリート(国道157号線)では、金沢市民謡協会の踊り連が先導役を初め、企業・文化団体など100を超えるチーム約13,000人の踊り流しとなります。また、沿道にはチームの応援団や観客約十数万人となり、金沢の夜は大変な賑わいとなります。

しかし、令和2年第69回・令和3年第70回金沢百万石まつりはコロナ禍のため、中止なったことから「百万石踊り流し」も中止となりました。

令和4年第71回金沢百万石まつりは、コロナ禍の長期化に鑑み、コロナ感染防止を徹底し、若干縮小して
3年ぶりに実行されまました。


◆第71回金沢百万石まつり
「百万石踊り流し」 令和4年6月4日(土)18:30~20:00


*会場は、片町・香林坊・南町のメーンストリート。約1kmです。往復左回り。
*音頭取りは、民謡協会若手「mxj’s」(ミックスジュース)のメンバーが唄い、石川県太鼓連盟の和太鼓グループが音頭をとりました。

*流す曲は、「金沢ホーヤネ」「ふれあい音頭いいね金沢」「百万石音頭」の3曲。
*参加者は、企業・文化団体など約4,000人のご参加を計画し、約1km
会場で間隔を十分とりま今回飛び入りコーナーは設けてありませんでした。
*踊り流し市民講習会
の開催があります。コロナ感染対策のため、ご参加のご希望の方には事前申し込みが必要。詳しいことは「金沢百万石まつり」ホームページの「百万石踊り流し」のページをご覧ください。
*開催結果
◇流しに企業文化団体 37チーム 約1,700が参加しました。
◇踊り流し各チームの審査の結果
 *金賞 米沢電気グループ・清水建設北陸支店&兼喜会 *銀賞 金沢商工会議所女性会 *フィットネスクラブエイム *ハッスル賞 専門学校学校アリス学園 *たのしかったで賞 第一生命保険金沢支社 *審査員特
別賞 チーム聖霊

◇中央ステージ 香林坊交差点上の特設舞台
 

                             右画面:左から
                             西房亜美・西房 唯・本多桃花・本多あすか・吉田晴菜

◇流しスナップ








金沢市民謡協会では踊り流し曲「「金沢ホーヤネ」「ふれあい音頭いいね金沢」「百万石音頭」3曲の流し踊りの踊り方解説付きで発信しています。
 
百万石音頭:「踊り方解説」(解説者=北川晴由)  「模範演技」(瀬尾明美・北川 和)
 
 *
ふれあい音頭いいね金沢:「踊り方解説」(解説者=瀬尾明美)  「模範演技」(瀬尾明美・石川由美子)
 
 *
金沢ホーヤネ:「踊り方解説」(解説者=瀬尾明美) 「模範演技」(瀬尾明美・石川由美子)

金沢ホーヤネはこれまで前に進む動作が少なく課題となっていました。そこでこのほど(令和2年3月)振り付け一部変更し、DVD]を再編いたしました。したがって、これまでのDVDはご利用できませんので、ご承知ください。